アルミレーシングキャップの選び方
HOW TO CHOOSE A ALUMINUM RACING CAP

SSRの中でもProfessorやREINER、GTといった
   スポーツ系ブランドに設定されているアルミレーシングキャップ。
別売オプションで設定が多いため、どれが合うのか迷う人も多いはず。
   ここではアルミレーシングキャップの選び方について解説します。


SSRのすべてのホイールは、より強く・より軽くを目指して作られており、ナットを締め付けていく
   ホイールの中心部も重量を抑えられるよう、出来る限り薄く設計されています。

   そのため車体側のフロントハブ・リアハブが高く突出しているクルマにおいては
   干渉を防ぐため、高さのあるHIGHタイプやLOWタイプのセンターキャップを選ぶ必要があります。

また、フロントにLOW・リアにSLを使えば干渉をかわせる場合でも、前後同じLOWで揃えるケースも多く、
   これはフロント・リアのキャップの見た目を揃えたいという目的や、タイヤ4本のローテーションを考慮し
   クリアランス条件の悪い方にあわせておくという考え方に基づくもの。

SSRのカタログやホームページのスペック表には、それぞれのキャップを付けた場合のクリアランスの数値が
掲載されているので、ぜひそれを参考にしていただき、ご自身のクルマに合うサイズをお選びください。
 

SSRアルミレーシングキャップ
– SSR ALUMINUM RACING CAP –
SSRアルミレーシングキャップはホイールのP.C.D.により仕様が異なり、
P.C.D.98~101.65用のA-typeとP.C.D.108~130用のB-typeに分かれます。

さらにここから車のハブ高に合わせて、HIGH/LOW/SLの3種類より選ぶことが出来ます。
COLOR VARIATION カラーバリエーション
アルミレーシングキャップ[ブラック]
ブラックやガンメタをはじめとした暗い(濃い)色目にマッチするアルミレーシングキャップのブラックアルマイト仕様。
ディスクとの一体感を感じさせ、まとまりのある落ち着いた印象に仕上がるのが特徴です。※B-type(P.C.D.108~130用)のみ
センターキャップの選択手順について
1車両データ確認
まずは、ご自身のおクルマのブレーキキャリパーとセンターハブの突出量をチェック。
  • ※フロント・リアそれぞれの寸法をご確認ください。
  • ※ブレーキタイプならびにハブ形状は車両により異なります。



2ディスク選択(※1ピースホイールの場合はサイズ選択)
次にブレーキキャリパーと十分なクリアランスを確保出来るディスクを選択。
  • ※SSR推奨クリアランスは5mm以上。



3センターキャップ適合確認
使用するディスク決定後、センター部分の厚みを考慮し、ハブとのクリアランスを確保出来るキャップを選択。





キャップ干渉によるNG例
下の図のHIGHキャップとLOWキャップはクリアランス確保が出来ているので使用可能。
SLキャップは干渉するため使用不可となります。