ホイール関連技術情報
WHEEL TECHNICAL INFORMATION
鍛造製法・鋳造製法
多彩ではなく多才。採用する製造法のすべてがニーズに応える才能にみちている。

構造にこだわる人がいます。製法を絶対視する人もいます。確かに構造も製法もホイールのキャラクターを左右する重要な要素です。
でも、それはあくまでも手段。だからといって満足度の高いホイールが手にできるとは限りません。SSRは、開発するホイールのテーマに合わせて構造や製法を選択しています。それぞれの利点を最大限に活用して、ユーザーの満足度をフルに高めているのです。
構造にも製法にも優劣などない。SSRのホイールを見つめると様々な製造法のすべてが、ユーザーの思いに応える才能にみちていることに気づきます。

鍛造製法 FORGED
より速くを叶えるための軽さと強さ。進化の余地はまだまだ無限
究極的な軽さ、絶対的な剛性。レースシーンで圧倒的なシェアを誇る鍛造製法。クルマやタイヤのパフォーマンスをフルに引き出す、文字通りレーシングクオリティのための製法で、パフォーマンスのノビシロはまだまだあります。造形的には、荒削りで無骨な仕上がり感こそが持ち味。なお、確かな設計力がないと、せっかくのこの製法の利点が引き出せないのも事実。FORGEDという言葉だけにとらわれていては、抱いているイメージと実装感とでギャップを感じることも……。
鋳造 CAST
やわらかい曲線、複雑なディテールは鋳造ならではの表情
フローフォーミングや熱処理といった革新の技術により、運動性能という点でも格段に向上した現代の鋳造ホイール。この製法の特長は、なんといってもデザイン自由度の高さ。特に複雑なディテールや曲面的なフェイスラインなどはこの製法なしに意匠化することができません。ちなみに鋳造の柔軟性を最大限に活用して作るSSRのドレスアップ系ホイールは、軽さへの拘りがスポーツ仕様並。意匠性を崩すことなく贅肉を排除した、高性能ホイールと呼ぶにふさわしい仕上がりです。
1PIECE軽さに有利なシンプルな造り。ストイックに走りの性能を追求するのにベスト。
リムからディスクまでを一体成形するシンプルなストラクチャー。継ぎ目がないため高精度かつ高強度なホイールを造りやすく、また、軽量化という面でも有利な構造です。一体成形のためスポークをリムエンドまで伸ばせるのもこの構造ならではの特徴。フェイスのデザインの自由度と言う面でも1PIECEは圧倒的。
2PIECEインセットの自由度NO.1狙いのセッティングで魅せたいカスタマーに最適。
リムとディスクを別に成形し、溶接加工で一体化させる2PIECE構造。このストラクチャーの魅力はなんといってもインセットの自由度。ディスクがスライド可能な範囲ならインセット設定は文字通り無限大。きめ細やかなバリエーションが容易にラインナップできるため、履きこなしにこだわるスタイル派にはベストマッチです。
3PIECE純正採用率ゼロ%の希少性。設計の自由度の高さも最高グレードと言われる所以。
アウターリム、インナーリム、そしてセンターディスクを、ピアスボルトで固定して造る。3PIECEホイールの特徴は、人が、じっくりと手間をかけるがゆえの輝き。労力やコストを惜しんでいては得られない群を抜くプレミアム感です。さらに、部位ごとにベストな機能や性能を追求できるこの構造は、“設計の自由度”が抜群。軽く、強く、しかも美しい。欧州や北米において、3PIECEホイールが最高グレードにランクされる理由は、見た目の高級感だけではないのです。