1. HOME
  2. ホイール
  3. ホイール関連技術情報
  4. コア技術

テクノロジー

TECHNOLOGY To make the wheel of the ideal, it was born. It is wheel manufacturing method 'SSF' of the reformation.

ホイールの基本性能は、リムのパフォーマンスで決まる。だから私たちはリム成型にコダワリます。

ディスクのデザインばかりに目が奪われがちなホイール。
しかし、『軽さ』や『強さ』といった基本性能の大部分は、リムのポテンシャルによって決まります。
リム成型を革新し、各構造の長所と連鎖させることでホイールの性能を最大限に高めるSSR。
これもまた他にはない特徴です。

リム成型を核とした技術の連鎖で、真似の出来ない高性能を実現

ホイールの形状は、簡単に描くとアルファベットのHを横に寝かせたカタチ。
縦の柱として荷重を支えるディスクに対し、リムは横の柱としてクルマの荷重や衝撃を受け止めています。
このように考えるとリム強度の重要性が、きっとお分かりいただけるはず。
さらに、ホイールのディスク(縦の柱)は、オフセットによって左右どちらかにズレる場合がほとんどで、この縦の柱から遠のくほどテコの原理でリムが受ける力は一段と大きくなります。
実際にサーキットにおける極限のテストでも、ダメージが認められる箇所は、そのほとんどがリム部という結果が出ています。
このようにホイールの強度確保という面で、非常に重要なパートとなるリム。
強度を引き上げるには肉厚を厚く成型するのが最も確実な方法ですが、それでは重量増となり、クルマの運動性能をスポイルしてしまいます。
『軽さ』と『強さ』の両立。そんな相反するテーマをプラスのベクトルで融合させるためには、綿密な強度計算や材料の配合比率といった設計能力、そして何よりも技術の革新が欠かせません。
現在SSRではFORGED(鍛造)、HTM(熱処理リム)、FFP※(フローフォーミング加工)を核に、リムのパフォーマンスを大幅にアップ。
投入される技術は誰もが認める最先端をゆくテクノロジーばかりです。
さらに、そんな様々なリム成型技術を、1PIECE・2PIECE・3PIECEというフルラインナップの構造とベストミックスすることで、SSRならではの他にはない絶対的なホイール性能として昇華させることに成功しているのです。
※FFP(フローフォーミングプロセシングとしての略)

HTM(熱処理リム)

スピニング製法による成型後、熱処理、仕上げ工程を経て、その後さらに熱処理を施して完成するのが【HTM(熱処理)リム=Heat-Treatment-Manufacture Rim】です。リムを熱処理(焼き入れ)することによって強度が格段に増し、リム厚のさらなる肉薄化が可能となるため軽量と高強度をハイレベルで両立することが可能。重量級の車種やハードにチューニングされたハイパワー車、さらに大幅なインチアップによる高負荷にもへこたれない高剛性リムを作ることができます。

ホイール性能を高める注目のリム成型関連技術

【シームレスリム】リムの真円度を高め、強度を高める

2PIECEホイールのリム成型には、サークル材をプレス加工でストレートな筒状にした後、リムを成型するシームレス製法を採用。リムの継ぎ目が無く真円度が高まり、さらに独自のプロセスによる加工でも強度もアップします。

シームレスリム
【圧着リム】応力が集中するリムフランジを強化

見た目の美しさと強度UPを狙ったリムフランジのカール処理。SSRはこの製法をさらに一歩進めた圧着リムを採用。リムフランジの折り返し部を圧着してフラットに仕上げることで一段と強度を引き上げます。

圧着リム
【段リム(ステップリム)】軽量化に貢献し、乗り心地もアップ

フルリバースリムに比べて軽量性に優れる段リム形状。SSRでは、主に大口経感が得られる18インチ以上のモデルで展開。また、同形状はタイヤのエアボリュームが稼ぎやすく乗り心地の確保にも有利です。

段リム(ステップリム
【エアセンサー対応3ピースリム】安全性を極めた世界初のリム形状

空気圧が低下すると警告を発し、事故を未然に防止するTPMS(Tire Pressure Monitoring System)。SSRは自動車用アルミホイール(フルリバース3PIECE)で、世界で初めてこのTPMS対応リムを完成させました。

エアセンサー対応リム