1. HOME
  2. ホイール
  3. ホイール関連技術情報
  4. 鍛造製法・鋳造製法

鍛造製法・鋳造製法

鍛造・鋳造

鍛造製法 FORGED

アップデートが容易。それがSSRが考える鍛造の一番の価値

常に最高のパフォーマンスを供給するために、アップデートが繰り返されるSSRのレーシングホイール。
一般市販される鍛造モデルにも、この考え方は息づいています。

『強く』、しかも『軽い』ホイールの製造に有利とされる鍛造製法。高温に熱した金属素材に高圧を加え成型する製法で、鍛冶職人が手がける日本刀も古来この加工方法で作られてきました。
モータースポーツの世界で使われるホイールも大部分がこの製法によるもので、カテゴリーが上位へ進むほどその率は高まります。F1やGTといった最高峰クラスでは100%この製法。SSRがGTマシンに供給するレーシングホイールも、もちろん鍛造製法で開発されています。なお、鍛造製法によるホイールは、単に強度が高い(壊れにくい)だけでなく剛性が高い(変形しにくい)点もレーシングユーザーに支持されている大きな理由で、これもサーキットでは欠かせない性能です。
『強く』、『軽く』、『変形しない』。レーシングユーザーをはじめ、最高レベルのパフォーマンスを要求するモーターフリークのニーズに応える鍛造製法。さらに、私たちSSRがこの製法にコダワル理由はもう一つあって、それが『アップデートのしやすさ』です。

型の設計・製造からはじまる鋳造と違い、プレス加工したホイールの原型を切削加工して成型する鍛造は、設計の細かな調整が容易。たとえば、スポークの厚みの微調整といったことがマシニング機のコントロールだけで行えます。事実として、SSRがGTに供給するホイールは、いつも同じに見えても、アップデートを繰り返えすことで随時戦闘能力を高めています。強度を必要とする部分はどこか。逆に、強過ぎる箇所はないか。レースで得たデータを即フィードバックし、ホイールのパフォーマンスを引き上げつづけているのです。
当然、市販品にもこの考え方は反映されており、同じデザインに見えるロングセラーモデルも製造された時点において、そのホイールは常に最高性能を有します。アップデートを繰り返し、進化しつづけるパフォーマンス。それこそが鍛造製法の一番の価値、SSRがお届けするフォージドホイールの最大の魅力なのです。

鋳造 CASTED

強さも軽さもグレード感も。鍛造に肉迫するSSRの鋳造モデル

溶解したアルミを型に流し込み成型する鋳造製法。量産性に優れデザインの自由度も高いことから、ストリートを対象とした普及モデルやスタイルアップを目的としたドレスアップ系ホイールの多くが現在もこの製法によって作られています。自動車メーカーが標準装着するアルミホイールもほとんどがこの製法によるものです。

“普及モデルが採用するオーソドックスな製法”。そんなイメージが先に立ち、ともすれば鍛造よりも下に見られがちな鋳造製法ですが、けっしてそんなことはありません。鋳造技術も確実に進化を遂げており、信頼のできるブランドのものであれば、性能やクオリティは以前のものとは比べものにならないほどハイレベルです。 SSRの鋳造モデルは、つねに最先端の技術を導入して製造しており、たとえば、SSRが採用するフローフォーミング加工(リムをスピニングマシンで圧力を加えながら成型する技術)は、アルミ材に鍛造のような力が加わることで金属組織が緻密になり強度がアップ。

従来の鋳造ホイールに比べてリムを格段に肉薄化できることから軽量化も 実現しています。また、スピニング加工での肉薄化によるメリットが得難い(費用対効果が低い)小径モデル(※一部を除く)にはミストクーリング製法を採用。アルミの分子そのものに働きかけることで、強度を引き上げ、クオリティを向上させています。さらに、SSRの鋳造モデルは『軽さ』や『強さ』といった性能面だけでなく、スペシャルなたたずまいも鍛造モデルと肩を並べます。たとえば、アメリカのトレンドをジャパンメイドでカタチにする“エグゼキューターシリーズ”のプレゼンスは鍛造を凌駕するほど。そのビジュアルパフォーマンスの高さを目にすれば、あなたの中で鍛造と鋳造の価値が入れかわるかもしれません。

多様化するカスタマーニーズに、フルラインナップのスタラクチャーでSSRは応えます

一口にスポーツ派といっても、機能性重視やビジュアル志向、さらにコストパフォーマンス優先とホイールに対するニーズや価値は人によって様々。だから、SSRのホイールは製法を使い分け、構造もフルラインナップ。ユーザーお一人お一人にベストな1本をお届けします。

継ぎ目のない精度と軽量性が自慢

リムからディスクまでを一体成型する1PIECE。
継ぎ目がないため高精度で強度が得やすく、軽量化という面でも有利なため、本格的なスポーツユースのホイールに最適な構造です。

自在のインセットバリエーション

リム&ディスクの2つのパーツで構成される2PIECE。組み立てはディスクをリムに直接溶接するカタチのため、コストをかけることなくインセットバリエーションをきめ細かくラインナップできるのがなんと言ってもメリット。
ツライチやツラウチなど、微妙なセッティングにこだわるユーザーにはジャストの構造です。
なお、SSRの2PIECEは、リムに継ぎ目がなく真円度の高いシームレスリムを採用するため、クオリティも抜群。もちろん1㎜単位でインセットのオーダーにも対応します。

 最適な部材の組み合わせが可能

アウターリム・インナーリム・センターディスクの3パーツで構成される3PIECE。
強度・剛性・材質など、パートごとに最適な部材を選択して組み合わせることができ、設計者の狙い通りのパフォーマンスが得やすい構造です。
パーツ点数が多く製造コストはかかりますが、他の構造では表現できないプレミアムな雰囲気が得られます。
なお、各パートをピアスボルトで連結する3PIECEは、ホイールを傷つけた際のリペアも容易。ダメージを受けたパートのみの交換で性能と美しさが甦ります。